メンズ

健康な体を作るにはアミノ酸のサプリメントを利用する

腸内環境を整えよう

腹部

生きた成分を摂取しよう

健康に関するあらゆる数値に悩む方や、朝の滞りに悩む方は乳酸菌を摂取することをおすすめします。乳酸菌は腸内環境を整えるためにおすすめの成分で、腸内で善玉菌を増やし悪玉菌を減らす働きも担っています。牛乳やヨーグルトなどで摂取することができますので、毎日の食事に積極的に取り入れることをおすすめします。特に「生きたまま腸に届く」などと謳われている商品は、お腹の中に必要な善玉菌をしっかり増やしてくれる効果が期待できます。できるだけ生きている成分を摂取し腸内の滞りを減らすことを意識していきましょう。ヨーグルトなどは1日1個を目安に、まずは2週間毎日続けていくことをおすすめします。お腹の調子を取り戻せた後は、2〜3日に1個ずつ食べるようにするとよいタイミングで乳酸菌を補うことが可能です。

加熱された菌はどうなのか

乳酸菌は熱に弱く、加熱によって死滅します。加熱殺菌されている酵素ドリンク等の発酵飲料やみそ汁に含まれた乳酸菌は摂取の意味がないという声も時折聞かれます。加熱によって死滅してしまった乳酸菌の死がいも私たちの体に有益です。死がいはかたまりになって、腸内のお掃除係りとして活躍してくれます。特に腸のひだに挟まった老廃物や宿便を押し出してくれる働きが期待できるので、発酵飲料やみそ汁なども積極的に飲み続けましょう。発酵された食品は体を温めてくれる効果があります。体内の生きた乳酸菌や善玉菌が増えるのに格好の体温を保つことにもつながりますし、先述のように体内の滞りを一掃してくれる効果もあるので、意識して摂取されることをおすすめします。